Q&A

よく寄せられる質問は、こちらにありますので、ご覧ください。
解決しない場合は、ログインのうえ、こちらのメールフォームよりご質問ください。

本サイトの使い方
登録方法
ログイン
登録内容の変更
パスワード
退会方法
ダウンロード

技術的なご質問
ダウンロードソフトウェアに関する質問
 ・V-Isio
 ・V-Sphere
 ・V-ObjCreator
 ・VCAT
 ・VCAD Framework

本サイトの使い方

登録方法

ユーザ登録はどうやって行うのですか?
こちらのページのユーザ登録から登録を行うことができます。
トップページのユーザ登録からでも行うことができます。

ログイン

ログインの方法がわからないのですが・・・・。
こちらのページからログインできます。
またはトップページのログインをクリックしてください。

登録内容の変更

登録情報を変更したいのですが・・・・。
こちらのページの登録内容変更から変更することができます。
登録内容の変更にはログインが必要となります。
変更を行うと新規ユーザ登録と同様に変更確認メールが登録されたメールアドレスに送信されます。

パスワード

パスワードを忘れてしまったのですが・・・
パスワードリマインダーを利用します。
メールアドレスの確認ができた場合、ユーザ登録の際に決めた秘密の質問が表示されます。正しい答えを入力すると、登録したメールアドレスにパスワードをお送りします。
パスワードを変更するにはどうしたら良いのですか?
パスワードの変更は登録内容変更画面から行います。ユーザ登録と同様に変更確認のメールが送信されます。パスワードの変更にはログインが必要です。
変更を行うと新規ユーザ登録と同様に変更確認メールが登録されたメールアドレスに送信されます。

退会方法

登録情報の削除をしたいのですが・・・・。
こちらのページの登録削除から削除を行うことができます。
登録内容の削除を行う場合にはログインが必要になります。

ダウンロード

ソフトウェアをダウンロードしようとするとエラーになってしまうのですが・・・。
セキュリティソフトソフトをご利用されている場合、ファイルのダウンロード時にエラーが発生することがあります。
以下のいずれかを試みてください。
  • 「リファラー情報(どこのページから来たのかという情報)」の送信を許可するように設定を変更する
  • ダウンロード直前にファイアウォールソフトを一時的に無効にする
技術的なご質問
ダウンロードソフトウェアに関する質問

V-Isio

流体中に配置されたマーカー粒子の動きを可視化したい。
V-Isio UG Ver. 2.1.3の 3.2.26 streamLinesメソッドを使ってください。
streamLinesは、流線表示を行います。
流線追跡の開始点には,samplerメソッドを使用します。 samplerメソッドとstreamLines メソッドがセットで登録されている「*STREAMLINES」を使うと、より便利かと思います。
流線表示の他に、マーカー粒子を、点として表示して、 タイムステップごとにその点を可視化することは可能でしょうか?
stremLineメソッドの流線追跡積分は、一枚のスナップショットの中での追跡です。
max pointsを調整して、線の先端で積分時間の違いを表現することはできますが、実時間の流れに沿った計算はしていません。
Visioにはstreaklines, particle pathsなどのメソッドは実装していません。
一方、Visioには、離散型数値データの可視化機能もあります。
User's Guide 3.1.4 Scatterデータです。データとしては、PWNデータ、SCATデータなどをサポートしています。
PWNデータ、SCATデータのフォーマットは、DFF_V-Tools.pdfの4.と5.をご参照ください。

マーカー粒子の座標値のタイムステップごとの情報があり、それをPWNまたは、SCATデータフォーマットで書き出せば、VisioのtimeStepメソッドで、動きを見ることが可能です。

V-Sphere

V-Sphereを使用しての非定常(時間)計算は可能でしょうか?
非定常計算のみサポートしております。定常計算はできません。
V-Sphere Windows版は1NODE・マルチコア環境であれば並列計算実行は可能でしょうか?
可能です。方法についてはV-Sphereのマニュアルを参照してください。

V-ObjCreator

V-ObjCreatorでのインポートファイルの形式として、IGES Brep が使えるようになっているようですが、それ以外の形式(たとえばSTLなど)に対応する予定はありませんか?
V-ObjCreator単体としてのリリースは今のところ予定しておりませんが、V-Struct Ver.3.5.0に組み込まれているV-ObjCreatorではSTL読み込みが可能となっております。

VCAT

VCATのサンプルデータで3Dサーフェスレンダリングが出来ない
サーフェスレンダリングを行うには、2値化及び連結抽出の操作を行う必要があります。詳しい手順についてはV-Catのチュートリアル(Tutorial.pdf)のP10、11の自動抽出の項目を参照してください。

VCAD Framework

拡張子VCARのファイルに記載されたデータを独自開発のプログラムで利用したいのですが、どのようにしたら理解(解読、数値化)できるでしょうか?
VCARのファイル形式については公開の予定はありません(今後変更の可能性もあるため)。
VCAD Framework の機能を用いてVCARにアクセスできるのでVCAD Framework をご利用ください。