公開ソフトウェア

V-Sphere

バージョン情報
更新履歴・バグ情報(PDF)
ダウンロードはこちらから Member Only
V-Sphere Ver.1.8.0(Windows:8.37MB)
V-Sphere Ver.1.8.0(ソース:5.54MB)
Vsphere_1_8_0.md5
V-Sphere Ver.1.7.8(Windows:8.37MB)
V-Sphere Ver.1.7.8(ソース:5.52MB)
vsphere_1_7_8.md5
V-Sphere Ver.1.7.5(Windows:8.2MB)
V-Sphere Ver.1.7.5(ソース:5.4MB)
vsphere_1_7_5.md5
V-Sphere Ver.1.7.4(Windows:8.1MB)
V-Sphere Ver.1.7.4(ソース:5.4MB)
vsphere_1_7_4.md5
  V-Sphere Ver.1.7.1(Windows:8.81MB)
  V-Sphere Ver.1.7.1(ソース:6.06MB)
vsphere_1_7_1.md5
  V-Sphere Ver.1.7.0(Windows:8.51MB)
  V-Sphere Ver.1.7.0(ソース:5.76MB)
vsphere_1_7_0.md5
V-Sphere Ver.1.6.0(Windows:7.16MB)
V-Sphere Ver.1.6.0(ソース:4.6MB)
vsphere_1_6_0.md5
V-Sphere Ver.1.5.1(ソース:4.0MB)
vsphere_1_5_1.md5
V-Sphere Ver.1.4.2(ソース:3.5MB)
vsphere_1_4_2.md5
V-Sphere Ver.1.4.0(ソース:3.4MB)
vsphere_1_4_0.md5
V-Sphere Ver.1.3.0(ソース:3.4MB)
vsphere_1_3_0.md5
V-Sphere Ver.1.2.2(ソース:3.5MB)
V-Sphere Ver.1.1.2(ソース:1.2MB)
ソフトウェアのダウンロードには、ユーザ登録およびログインが必要です。
ソフトウェア概要

 V-Sphereは、非定常物理シミュレーションプログラムの効率的な開発支援と複数のソルバー群の統一的な実行環境を提供することを目的とした、VCAD対応のマルチプラットホーム・フレームワークです。
 V-Sphereは、入出力,データ形ョ変換,並列化ライブラリ,XMLパーサー機能,データクラス,制御のひな形などを開発者に提供し,プログラム開発を効率化します.また、開発したソルバー群のインターフェイスの統一化を支援し,エンドユーザーに対して優れた実行環境を提供します。さらに、複数のソルバーを連携させ現象を解き進める連成問題や、並列化への対応も視野に入れフレームワークの開発を行っています。

特徴
V-X3D ・C++によりオブジェクトw向で設計されたフレームワーク
高い拡張性、再利用性
ライブラリ関数群と制御構造(雛形)をともに再利用可能
・Fortran77/90/95、C/C++によるソルバー開発にも対応
オブジェクトw向,闡アき型のプログラミングの両方に対応
従来のコード、スタイルを若干の修正でそのまま利用可能
言語の特性を使い分けることにより,高い実効性能が期待できる
・XMLによる制御
高い汎用性
さまざまなソルバーを、雛形(Skeleton Base)をもとに効率的に開発できます。開発されたソルバーはV-Sphereシステム上に統合されるので、統一されたインターフェースをもち、複数のソルバーの実行管理も容易に行えます。
開発、動作環境
・IA32/IA64/Intel互換CPUのPC
・PowerPC
・NEC SX
・T2K
OS:Redhat Linux9
コンパイラ:
Intel C++ Compiler
または,GNU g++, xlc/c++, pgi
Intel Fortran Compoler,gfortran,xlf,pgiなど

必要なライブラリ:libxml2及びlibxml2-devel,zlib
他ソフトとの関係
結果の可視化:V-Isioがnativeデータフォーマットに対応.他のソフトでも可視化可能.
入力データ生成:V-Xgen、V-Xdc、V-Xppを使用して入力データの生成が可能.
プログラム著作物登録番号
P第8954号−1 , P第9098号−1 , P第9431号−1 , P第9457号−1
ソルバー群

C3D
FlowBaseClass

V-Sphere::C3D

バージョン情報
更新履歴・バグ情報(PDF)
ダウンロードはこちらから Member Only
V-Sphere::C3D Ver.1.5.2 (Windows:7.39MB)
V-Sphere::C3D Ver.1.5.2 (ソース:4.66MB)
V-Sphere::C3D Ver.1.3.0 (15.7MB)
V-Sphere::C3D Ver.1.2.9 (8.74MB)
ソフトウェアのダウンロードには、ユーザ登録およびログインが必要です。
ソフトウェア概要

FBクラスを基底クラスとして利用し, V-Sphere Ver. 1.7.5に実装した非定常非圧縮性熱流体3次元ソルバー。

特徴
  • 形状近似レベル0のキューブ近似
  • 変数配置:スタガード
  • 離散化:有限体積法(FVM)
  • 時間積分:Euler陽解法, Modified Euler(Runge-Kutta型)
  • 空間スキーム:一次風上, 三次MUSCL
  • Fractional Step法
  • Jacobi、SOR反復法
  • リスタート機能
  • 時間平均操作
  • ファイル出力:sphフォーマット, ヒストリー機能
  • 外部境界条件:固定・移動壁面, 流入, 流出, 周期, 対称, 遠方
  • 内部境界条件:壁面, 速度規定
  • 温度境界条件:断熱, 熱伝導, 熱伝達, 輻射, 熱流束, 等温
動作環境
  • Linux
    Linux Kernel 2.6 (Intel x86 / AMD64 )以上
  • Windows
    Windows 2000 / XP (Intel x86)
  • MacOSX
    MacOS 10.4 Tiger (PowerPC / Intel x86)
    MacOS 10.5 Leopard (Intel)以上
プログラム著作物登録番号
P第9725号−1

 

FlowBaseClass

バージョン情報
更新履歴・バグ情報(PDF)
ダウンロードはこちらから Member Only
V-Sphere::FlowBase Ver.1.9.2 (Windows:7.39MB)
V-Sphere::FlowBase Ver.1.9.2 (ソース:4.66MB)
V-Sphere::FlowBase Ver.1.7.1 (15.7MB)
V-Sphere::FlowBase Ver.1.7.0 (8.74MB)
V-Sphere::FlowBase Ver.1.0.6 (73KB)
ソフトウェアのダウンロードには、ユーザ登録およびログインが必要です。
ソフトウェア概要

FB(FlowBase)クラスは、流体解析ソルバ開発に関する機能をクラスライブラリとして纏めたものです。

特徴
  1. ソルバ制御
    スタート方法や空間スキーム・時間進行法・収束閾値などのパラメータの設定と読み込みを行います。
  2. 境界条件処理
    外部および内部境界条件の指定パラメータの読み込みと境界条件の分岐処理を行います。
  3. ボクセルモデル前処理
    ボクセルモデルを読み込み、計算に必要な情報を計算する処理。また、計算領域に設定された媒質情報を処理します。
  4. ユーティリティ
    様々なメソッドを提供します。
  5. 組み込み例題
    ボクセルモデルがなくても実行できる簡単な例題のサンプルを記述します。
動作環境
  • Linux
    Linux Kernel 2.6 (Intel x86 / AMD64 )以上
  • Windows
    Windows 2000 / XP (Intel x86)
  • MacOSX
    MacOS 10.4 Tiger (PowerPC / Intel x86)
    MacOS 10.5 Leopard (Intel)以上
プログラム著作物登録番号
P第9725号−1