VCADFrameworkベースの構造・流体解析

全体構成に戻る


概要

空間をセルに分割し、形状、物性をセル単位で管理できるKitta Cubeにより生成された離散モデルをもとにユーザーが独自にアプリケーションを開発できるフレームワーク、及びKitta Cubeを利用した構造/流体シミュレーションにより構成される。

VCADFrameworkベースの構造流体解析

ソフトウェア一覧


VCADFramework

VCADモデルを生成するために必要となる各種API及びデータモデルから構成されています。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Flow2D

VCAD Frameworkをベースとする非圧縮性粘性熱流体解析ソフトウェアです。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Flow3D

3次元定常・非定常非圧縮粘性熱流体のシミュレーションソフトウェアです。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-DSMC2D

VCAD Frameworkをベースとする希薄流体解析ソフトウェアです。気体分子の直接計算(DS)をモンテカルロ法で統計的に処理します。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Spp

VCADフレームワークベース解析ソフト用簡易プリポストです。ゼロレベルセルのグループ化、コンタ表示、流線表示機能を持ちます。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-X3D

VCAD Frameworkをベースとする拡張有限要素法による構造解析ソフトウェアです。き裂進展機能が追加されました。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

解析/適用事例


V-X3Dによるき裂進展解析

V-X3Dを用いて行った、き裂進展解析についての紹介。

解析/適用事例へ

上へ


全体構成に戻る