ボクセルベース熱流体解析

全体構成に戻る


概要

直交格子に離散化されたモデルに必要なセルに境界条件や媒質IDを指定することで利用できる熱流体、構造、電磁波等さまざまな物理・支配方程式を対象とするシミュレーションにより構成され、大規模モデルにも対応できるプリポストプロセッサーを備えている。

ボクセルベース熱流体解析

ソフトウェア一覧


V-Xgen

形状データ(STL,Obj形式)を読み込み,形状をブロックに近似しブロックのデータをファイルに出力する機能を持ちます。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Xpp

V-Xgenで作成されたボクセルデータに対して、シミュレーションで利用する境界条件や物性データをタグ付けする機能を持ちます。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-SDFlib

形状データを符号付き距離関数で表現するためのライブラリです。 C++/Fortranプログラムからの利用が可能です。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Sphere

非定常物理シミュレーションプログラムの効率的な開発支援と複数のソルバー群の統一的な実行環境を提供することを目的とした、VCAD対応のマルチプラットフォーム・フレームワークです。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Sphere::CBC

V-Sphere Ver.1.8.2 に実装した、非定常非圧縮性流体3次元ソルバ―です。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

SPHERE::HIFU

HIFUシミュレーションのためのFDTDソルバーです。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Sphere::FDTD

V-Sphere上で動作するFDTD法による弾性波解析のシミュレータモジュールです。流体と固体媒質の弾性波を並列解析します。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Xpad

XML形式記述のコンフィギュレーションファイルより制御されるアプリケーション(V-Sphere, V-Isio等)のパラメータ設定のための、GUIインターフェイスを持つ、構造定義設定ツールです。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Xpit

XML形式記述のコンフィギュレーションファイルより制御されるアプリケーション(V-Sphere, V-Isio等)のパラメータ設定のための、GUIインターフェイスを持つ、パラメータ編集ツールです。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Polylib

V-Polylib (Polygon Management Library) は、ポリゴンデータを保持・管理するためのクラスライブラリです.

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Isio

熱流体解析結果の可視化ツールです。V-Sphereを使用して開発された各種熱流体ソルバーの出力フォーマットに対応しています。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-Cutlib

直交格子で任意形状を扱う計算に用いる格子点と物体間の距離計算ライブラリです。CBCソルバークラス以降で利用できます。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

SPHERE

V-Sphereをベースにした大規模並列機能を搭載したシミュレータ開発プラットホーム.V-Sphereの基本機能を引き継ぎ,データ圧縮や高効率な並列化機能などを追加したフレームワーク.次世代計算科学研究開発プログラムで開発.

詳細説明とダウンロードへ

上へ

SPHERE::CBC

SPHERE上にポーティングしたCBCソルバークラスです。V-Sphere版の機能に加えて,大規模並列実行に最適化します。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

LSV

V-Isioのユーザインターフェイスを踏襲した大規模データの並列可視化処理アプリケーション。次世代計算科学研究開発プログラムで開発しています。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

SPHERE::BCM

Building-Cube Methodによる階層的格子を用いた直交系流体ソルバー。高解像度な格子を局所的に配置でき,並列性能に優れる計算方法。SPHEREを用いて実装(予定)します。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

解析/適用事例


dragon周りの熱流体の流れ

物体周りの流れを例にとり,解析モデルの作成から,解析結果の可視化まで,V-Toolsの一連の操作手順を示します。

解析/適用事例へ

上へ

形状データから符号付き距離関数のボリュームデータ作成

ソース配布されるV-SDFlibのコンパイルおよびインストールを紹介し、サンプルの形状データからボリュームデータの可視化までの手順を示します。

解析/適用事例へ

上へ


全体構成に戻る