細胞のモデル化・シミュレーション

全体構成に戻る


概要

アクチン細胞骨格は、細胞内で力学構造システムを形成し,常にフィラメント分子レベルの重合・脱重合、分岐、切断等によりダイナミックに変化し、それらの集合体としてのネットワークの形態・機能変化を通じて、細胞運動や細胞分裂などの様々な機能を調整している。このようなアクチン細胞骨格ダイナミクスにおける力学の役割に着目してモデル化した3つの細胞・細胞骨格バイオメカニクスシミュレーションソフトウェアにより構成される。

細胞のモデル化・シミュレーション

ソフトウェア一覧


V-CellMigration

V-CellMigrationは,細胞移動シミュレーションプログラムです.

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-ActinBD

細胞骨格タンパク質であるアクチンの動力学シミュレーションプログラムです。 細胞膜近傍におけるアクチンダイナミックス(重合、拡散)を計算し、細胞膜突出をシミュレートします。

詳細説明とダウンロードへ

上へ

V-ActinNet

アクチンフィラメント、α-アクチニン、ミオシンからなるアクトミオシンネットワークのダイナミックな構造変化を、粗視化分子動力学に基づき、解析することができます。

詳細説明とダウンロードへ

上へ


全体構成に戻る