研究者/開発者/スタッフ紹介
藤崎 和弘 (Fujisaki Kazuhiro) 藤崎 和弘 (Fujisaki Kazuhiro)


研究テーマ

硬組織対応型三次元内部構造顕微鏡システムによる材料内部構造観察

研究内容と成果

材料の3次元内部構造を知る方法として、試料の切断と顕微鏡観察を繰り返すシリアルセクショニング観察法がある。理化学研究所では生体試料を対象に、スライスと観察を繰り返す3次元内部構造顕微鏡(Riken Micro Slicer System)を開発してきた。また、骨や歯、金属材料といったスライス困難な硬い材料の観察用に、精密切削技術を導入した硬組織対応型3次元内部構造顕微鏡(RMSS-003)を開発した。精密切削は、試料表面を研磨することなく精密な鏡面に仕上げる加工技術である。精密切削により、研磨よりも迅速かつ精密に鏡面が生成されることから、加工面の直接観察と多断面にわたる正確な除去厚の確認が可能である。本研究では、このRMSS-003を様々な材料の内部構造観察に適用するため、新しい工具の開発や最適な鏡面加工方法を検討した。また、内部組織の形状だけでなく、物性を取得するための計測手法として、X線元素分析システムを搭載し、観察システムの機能化を実施した。


論文・特許紹介

【論文】
K. Fujisaki, H. Yokota, N. Furushiro, S. Komatani, S. Ohzawa, Y. Sato, D. Matsunaga, R. Himeno, T. Higuchi, and A. Makinouchi
Three-dimensional microscopic elemental analysis using an automated high-precision serial sectioning system
Microscopy and Microanalysis, Vol.17(2), 2011(in press)

K. Fujisaki, H. Yokota, N. Hiroki, Y. Yamagata, T. Nishikawa, T. Udagawa, and A. Makinouchi
Observation of three-dimensional internal structure of steel materials by means of serial sectioning with ultrasonic elliptical vibration cutting
Journal of Microscopy, Vol.237(1), pp. 89-95, 2010.

K. Fujisaki, H. Yokota, N. Furushiro, Y. Yamagata, T. Taniguchi, R. Himeno, A. Makinouchi, and T. Higuchi
Development of ultra-fine-grain binderless cBN tool for precision cutting of ferrous materials
Journal of Materials Processing Technology, Vol.209(15-16), pp. 5646-5652, 2009.

論文、特許一覧ページへ