研究者/開発者/スタッフ紹介
三好 洋美 (Hiromi MIYOSHI) 三好 洋美 (Hiromi MIYOSHI)


研究テーマ

細胞形状と運動性のマルチスケール解析
マイクロ構造化表面を利用した細胞移動運動の制御

研究内容と成果

細胞形状と運動性のマルチスケール解析では,細胞のエッジの形状および運動パターンをマルチスケールで解析し,エッジの突出に関する新規の特性を明らかにした.
マイクロ構造化表面を利用した細胞移動運動の制御では,細胞とマイクロ構造との相互作用を明らかにし,細胞移動運動の制御技術へと応用につながる基礎的データを得ることができた.
 RIKEN Research Highlight: Guided by the Groove
 http://www.rikenresearch.riken.jp/eng/research/6431

今後の展望

細胞と外部環境との相互作用の解析を,力学的観点からさらに進め,細胞培養基板の設計指針を与えられるような研究に発展させたい


論文・特許紹介

【論文】
Hiromi Miyoshi, Jungmyoung Ju, Sang Min Lee, Dong Jin Cho, Jong Soo Ko, Yutaka Yamagata, Taiji Adachi,
“Control of highly migratory cells by microstructured surface based on transient change in cell behavior”
Biomaterials, vol.31, pp. 8539-8545, 2010

Shin Yoshizawa, Satoko Takemoto, Miwa Takahashi, Makoto Muroi, Sayaka Kazami, Hiromi Miyoshi, Hideo Yokota,
“Interactive registration of intracellular volumes with radial basis functions”
International Journal of Computational Intelligence and Applications, vol. 9, pp. 207-224, 2010

【特許】
特願2010-018665,2010.1.9
「基板、細胞培養装置、細胞チップおよび培養方法」
三好 洋美,山形 豊,安達 泰治,朱 正明,コ ジョンス,イ サンミン,チョ ドンジン

論文、特許一覧ページへ