研究者/開発者/スタッフ紹介
赤坂 啓 (Kei AKASAKA) 赤坂 啓 (Kei AKASAKA)


研究テーマ

・直交格子を用いた流体シミュレーション手法の開発
・自動車の空力・熱・冷却・空調に関する流体解析

研究内容と成果

図に示すような複雑形状まわりの流れを短期間かつ精度良く計算する手法の開発を行っています。


Flow simulation in an underhood of a car

今後の展望

・MPIによるプロセス並列化
・局所格子細分化(Local grid refinement)の実装


論文・特許紹介

【論文】
Kei Akasaka, Kenji Ono
DEVELOPMENT OF RAPID SIMULATION METHOD FOR AUTOMOTIVE AERODYNAMICS
ASME 2010 3rd Joint US-European Fluids Engineering Summer Meeting and 8th International Conference on Nanochannels, Microchannels, and Minichannels FEDSM-ICNMM2010 August 1-5, 2010, Montreal, Canada, FEDSM-ICNMM2010-30625(2010)

赤坂 啓, 小野 謙二
非水密なポリゴン要素で構成された任意形状周りの直交格子を用いた非圧縮粘性流れ解析
日本機械学会論文集 B編 Vol.76 No.764 pp.536-545 (2010)

赤坂 啓,小野 謙二
直交格子を用いた非圧縮流れ解析における圧力損失モデルの実装
日本計算工学会論文集 No.20070032 pp.1-10 (2007)

赤坂 啓,小野 謙二
複雑形状に対するボクセル法に基づく非圧縮流れ解析の境界条件の実装方法
日本計算工学会論文集 No.20060024 pp.1-10 (2006)

論文、特許一覧ページへ