研究者/開発者/スタッフ紹介
エスマイリケリショミ ナギ (Naghi ESMAEILI KELISHOMI) エスマイリケリショミ ナギ (Naghi ESMAEILI KELISHOMI)


研究テーマ

多相材料の構造解析
不均一物質(機械的特性測定/材質科学)
鋼構造研究開発

研究内容と成果

マイクロCTやスライサーにより取得した多相材料内実マイクロ構造分布の再構築と2D/3D可視化
多相材料の2D/3D有限要素モデリング
多相金属材料の延性破壊と疲労解析
鋳鉄の構造解析
マイクロ圧子押し込みによるビッカーズ硬さ試験のシミュレーション

今後の展望

VCADの思想に基づいたソフトウェアを使った新進的金属複合材料のデザイン
VCADで開発されたソフトウェアを使った多相材料内マイクロ構造の3次元再構築
VCADで開発されたソフトウェアを使った多層材料の有限要素モデリング

VCAD公開ソフトウェア

V-MultiMat

ブロック全体図へ


論文・特許紹介

【論文】
Esmaeili K. N., Alves L., Teodosiu C.
Visualization and finite element modeling of complex 3D pore morphologies in cast product, (2008)
日本鋳造工学会 第153回全国講演大会(2008)

Esmaeili K. N., Alves L., Teodosiu C.
Mechanical modeling and finite element analysis of porous cast products
精密工学会誌, Vol.74; No.12, pp1273-1277 (2008)

Esmaeili K. N., Alves L., Teodosiu C.
Simulation of Vickers micro-indentation tests on dual-phase steel utilizing VCAD-Based Software
Proc. of VCADシンポジウム2009, 独立行政法人 理化学研究所(RIKEN), pp 66-68, (2010)

Alves L., Esmaeili K. N., Teodosiu C.
Numerical simulation of the ductile fracture of multi-phase materials by V-MultiMat
Proc. of VCADシンポジウム2009, 独立行政法人 理化学研究所(RIKEN), pp 64-65, (2010)

Alves L., Esmaeili K. N., Teodosiu C.
V-MultiMatを使った二相鋼内における分離現象のモデリングとシミュレーション
Proc. of VCADシンポジウム2010, 独立行政法人 理化学研究所(RIKEN), pp 165-168 (2011)

Esmaeili K. N., Alves L., H. Shuto, D. Maeda, T. Matsuno
マイクロ構造の深度方向分布を考慮した二相鋼におけるビッカース硬さ試験のシミュレーション
Proc. of VCADシンポジウム2010, 独立行政法人 理化学研究所(RIKEN), pp 169-172 (2011)

論文、特許一覧ページへ