研究者/開発者/スタッフ紹介
高村 正人 (TAKAMURA MASATO) 高村 正人 (TAKAMURA MASATO)


研究テーマ

・非線形構造解析ソフトウェアの開発と適用
・塑性加工シミュレーションソフトウェアの開発と適用

研究内容と成果

・座屈現象が扱えるロバストな構造解析の実現
・シミュレーションを用いたプレス部品スプリングバック現象のメカニズム解明
・3次元弾塑性FEMに延性破壊を考慮した新たなシミュレーション技術の開発

今後の展望

・熱間プレス等、新たな新たなシミュレーション課題への対応

VCAD公開ソフトウェア

V-Struct

ブロック全体図へ


論文・特許紹介

【論文】
M.Takamura, M.Sakata, A.Fukui, T.Hama, Y.Miyoshi, H.Sunaga, A.Makinouchi and M.Asakawa
Investigation of twist in curved hat channel products by elastic-plastic finite element analysis
International Journal of Material Forming, 3(Supplement 1)(2010-4), 131-134.

Masato Takamura, Ayako Fukui, Takayuki Hama, Yuji Miyoshi, Masashi Sakata, Hideyuki Sunaga, Akitake Makinouchi, Motoo Asakawa
Twisting in Curved Hat Channel Products Made of High Strength Steel Sheet
Steel Research Int., 81-9 (2010), 821-824.

【特許】
特許第3876597号
プレス成形シミュレーション用計算安定化方法
高村正人

論文、特許一覧ページへ