研究者/開発者/スタッフ紹介
三好 雄司 (Yuji MIYOSHI) 三好 雄司 (Yuji MIYOSHI)


研究テーマ

非線形構造解析プログラムの開発

研究内容と成果

有限要素法を基にした非線形構造解析プログラムを開発している。
主にマグネシウム合金を含む金属板材の絞り、せん断、鍛造等のプレス加工シミュレーションの高精度化を行った。
また座屈現象等を想定した大変形構造解析の機能強化を行った。

今後の展望

有限回転等による座屈解析の高精度化が考えられる。


論文・特許紹介

【論文】
三好雄司、高村正人、須長秀行、牧野内昭武
板成形シミュレーションにおける高次降伏関数の影響
日本塑性加工学会平成17年度塑性加工春季講演会、2005年5月

三好雄司、須長秀行、坂部裕司、岩崎源
マグネシウム板材の温間深絞り成形におけるFEM解析
日本塑性加工学会第57回塑性加工連合講演会、2006年10月

論文、特許一覧ページへ